自己破産手続きしなくてもいいかも

自己破産手続きしなくてもいいかも

先日テレビを見ていると、任意売却119番という内容で特集が組まれている番組がありました。

これって何のこと?と興味をそそられて、ついつい最後までテレビを見てしまいました。

自己破産とか借金の肩代わりに住宅や物をとられたという話は、よく聞きますよね。

自己破産や借金の肩代わりに物を取られる前に、ここに電話して相談してくださいね。

相談してもらうと、借金の肩代わりにとられることなく、買いたたかれることなく、適正価格に準じて上手に不動産などを売りますよという内容でした。

きっと、このテレビを見ていた人は、私の知り合いにも教えてあげたい、もっと早く知っていれば、など思った人も多いでしょう。

自己破産だけでも平成15年には24万人が手続をし、この平成15年を頂点に現在では少し減ってはいるものの、依然10万人ほどは手続きをしている現状です。

任意売却という方法を少しでも多くの人が知っていたならば自己破産の手続きをする人は、随分と減るのではないでしょうか。

現在増加傾向の任意売却

新聞をみていると、土地や建物といった物件が破格の値段で売り出されている広告があります。

よく見ると、競売物件と書かれています。

借金して返済できなくなったから競売にかけられたのだと分かりますが、随分と安い値段がつけられています。

市場では想像もできないほどに。

他人事ながら、この競売物件の元の持ち主は、どんな気持ちだろうなと考えてしまします。

と同時に、自分はこのような事にはなりたくないとも思います。

もちろん借金をしたのですから返済は当然でしょう。

「借りたら返す」当たり前のことですが、当たり前のことが出来ない場合や時があります。

そのようなときに頼りになるのが弁護士や司法書士、宅地建物取引主任者でしょう。

任意売却を相談

最近では、任意売却という方法を推奨する弁護士さんや司法書士さんが多いようです。

おおよそ10年ほど前には任意売却という方法は数えるくらいしかとられていなかったようですが、現在では急増しているとか。

売る方にも、売られる方にも、買う方にもメリットが大きいのでしょうか。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。